企業に役立つマーケティングとマネジメントの話と、仕事でお会いした社長さんが発したありがたいお言葉と、私が中小企業診断士として取り組んでいる仕事のことを書き留めます。

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年10月01日

「万理一空」の境地を求めて

琴奨菊関が先日の大関昇進伝達式の口上で言った四字熟語が、
宮本武蔵の『兵法三十五箇条』からの引用と知って、
「万理一空」特に「万理」が気になって仕方がありません。

「万事」ではなく「万理」なのです!

理屈・理化学的・理論・道理・原理
漢和辞典で 理=筋道・ことわり

万の理をやり尽くして初めて、「空(くう)」の境地に達する。

空(くう)とは、「五輪書」で、
「武士は兵法の道を確かに習得し、その他の武芸も身につけ、武士の行う道を明らかにしてよく心得、心迷う事なく、つねにおこたらず、心と意 二つの心をみがき、観と見 二つの目を研ぎ澄まし、少しの曇りがなく、
迷いの雲の晴れた状態こそ、真の空である」とあります。

ただ祈ったり、頑張っただけでは、「空」には達しないのです。
万の理論を考えに考えて、実践し続けなければなりません。

企画塾のマーケティング企画でも
「計算ずくで売上を上げる」という言葉が登場します。
事業経営も販促も、理論からの仮説→実践(実験)→検証を繰り返すことで、目標値に近づいていくのです。

私は最近自分のキャッチコピーを決めました。
『右脳社長の左脳になります』であります!


企業様・経営者様
ご一緒に「万理」を重ねましょう!  


Posted by アクトアズ at 15:05Comments(0)社長のお言葉

2011年02月19日

ウルマミセブンのお言葉

女社長7人でウルトラマミー7(セブン)というグループを3年前結成しました。

メンバーは、
有限会社フレンズ(運送業)赤間美代子
株式会社わびすけ(おこわタレ製造業)山田順子
有限会社プチローズカンパニー(健康サロン)渡部恵知子
株式会社LUC(運送業&製造業&飲食業)内田江美子
有限会社山崎酒造(酒製造)山崎久美子
有限会社デザインゲン(商業デザイナー)戸塚佳江
コンサルタント アクト・アズ(経営コンサル)鴻上まつよ

50才で起業するまで、昼ドラの女王だった 山田順子さんの
「『7人の女弁護士』っていうドラマ、おもしろいのよ~」という一言から、
それぞれが「この人!」と思う先鋭を呼んできたら、
この7人になったのですが、
3年前、初めって会ったその日から、
10年来の親友のように、意気投合した7人です。

先日、7人で伊香保温泉の1番宿「ホテル木暮」さんで女子会を実施しまして・・・
7人の中でも最年少の私は、先輩方から、
いつも心が熱くなるようなお言葉をいただくので、
今回のをここにご紹介したいと思います。

私が宮本武蔵の「五輪書」の「無心」の話をしたら
赤間ボス
「それあるね!
 毎年、成田山へ初詣に行ってお経を聴くけど、
 一瞬、何も聞こえなくなる時があって、
 その時に、今年の方針が浮かぶんだよ!ホント!
 7年前から急になったんだよ。」
赤間ボスは宮本武蔵の境地に達してるということ・・・?

山田さん
「人それぞれ器があって、水が常に目一杯入っていてはダメなのよ。
 あえて上澄みを捨てて(他者に施しをして)、
 隙間を空けるから、入ってくるのよ。」
えら~いお坊さんのような。

わたべさん
「今年は個々人が全員、個々の喜びを得る年よ!
 ひとりひとりの時代よ。」
神秘のメッセンジャーですわ。

また詳しくは言えませんが、
ウルマミの姉御たちは皆「やる時は、ヤル!」人達で・・・もうビックリです!
(木暮の仲居さんもビックリしていました(笑))

日曜の夜、しゃべりまくって、笑いまくって、励ましあって、
月曜の朝、風のようにさーっと伊香保の山を下りて職場に向かった仲間達、
カッコ良すぎ!

人類を救う ウルトラマミーセブン ですから!  


Posted by アクトアズ at 16:17Comments(0)社長のお言葉

2009年11月23日

群馬県支部50周年事業 大盛況!

2009年11月12日(木)
(社)中小企業診断協会群馬県支部 創立50周年記念事業が
(ふ~ 長い・・・)
無事終了しました。

私は副支部長 兼 交流委員長として3月末より
交流委員をはじめ、支部長・副支部長、
有志の診断士の先生方と共に、
休日返上で企画会議を重ね、
やっと実現した事業であります。

若輩者の私が、先輩先生にずうずうしくも
各仕事を分担していただき、
長塩名誉支部長と丸橋支部長と事務局の堀さんと私が
最後のチェック役となって進めてきました。
(まあー直前まで「直し」のオンパレードに悩まされ、
 皆さん本業がある忙しい中で進める分担作業なものですから、
 その弱点を思い知ったのであります。)

私は当日『注目企業と診断士の対談』で、
㈲尾瀬ドーフの千明社長への対談役でもあったので
尾瀬さんの魅力・努力を引き出す質問項目の準備はもちろん、
対談でスクリーンに投影する「企業紹介」のコンテンツ制作にも
リキを入れました。

千明社長とは、かれこれ3年来のお付き合い。
お陰さまで、その魅力をあます事なく(?)
(いいえ千明社長の魅力はおの程度では終わりませんが
 30分間の範囲ではおそらく充分に)
お伝えする事ができました。

DOWAホールディングス㈱の吉川会長の
人間の正しい生き方の原理原則に沿った経営。
社員一人一人から意見を聞き、課題を解決。
強い意志により業界の常識をも破る経営革新の推進
のお話。

㈱松井ニット技研 松井社長の
デザイン・肌触りなど製品の品質へのこだわりと
それを実現する努力。
また良い製品を良い消費者へ確実に届ける営業力
のお話。

そして㈲尾瀬ドーフ 千明社長の
片品大白大豆生産復活までの神がかり的な人との繋がり。
(いいえ皆、千明社長の魅力に引き寄せられてやって来た人達)
大白大豆で片品村を群馬を活性化するという壮大なる構想
のお話。

参加の皆さんも、、
「それぞれ別の、ためになる要素があって、
 またこの3社の順番が良かったねー」と感激して
経営のためのお土産を持って帰られたご様子。

今回の記念事業の目的の一つでありました
「一般の企業様にためになる情報を提供する
 群馬の中小企業診断士の役割をお伝えする」
事を、何とか果たせたのではないかと思っております。

記念講演・対談の詳しい内容は、近いうちに、
群馬県支部のホームページや
診断協会本部の会報でお知らせする事になりそうです。

記念式典にお越しいただきましたご来賓の方々
講演・対談をしてくださった講師の社長様
式典・講演・対談・祝賀交換会にご参加下さった企業の方々
裏方で会場の隅々まで、気を配ってくださった診断士の方々
大変にありがとうございました!  


Posted by アクトアズ at 17:20Comments(0)社長のお言葉

2009年10月23日

「壁を壊す」吉川廣和会長にお会いして

2009年11月12日(木)に開催される
中小企業診断協会群馬県支部創立50周年フォーラムで、
記念講演をしていただく
DOWAホールディングス㈱ 会長・CEOの吉川廣和会長に、
本日、ご挨拶に伺いました。

吉川会長が書かれた『壁を壊す』の本の表紙の写真の通り
100mに渡り、壁はもちろん、ロッカーやキャビネットもない
フリーアドレスの(自分の机が決まっていない)オフィス。
実物を拝見してきました。

1人に与えられた棚スペースは、
銭湯のロッカーくらいの大きさ(なんて小さい!)。
社員の方に正直な気持ちを聞いたら、
「2年経ったので、もう諦めました。」
「書類は置くところがないので、定期的に処分します。」と。

吉川会長の言う「壁」は、物理的な壁に限らない。
「最もやっかいなのは心の壁」
「信頼を得るために、繰り返し全てを公開する」と
大々企業の会長は(社長時代から)極めて
自然体で倫理を実践している
哲学者サルトルを愛する方でした。

「人は何のために生きるのか」「人の存在価値とは」
「社会参加の中で人間の価値が生まれる」
「困難を避けずに立ち向かう事で価値が高まる」
というサルトルの教えを心に刻み
立ち向かい続ける方でありました。

記念講演では、良いお話が聞けること間違い無しです!

記念講演の後には、
NYのMoMA美術館で人気No1のマフラーを製造している
㈱松井ニット技研の松井社長と森山診断士の対談。
片品村のかつての名産品「大白大豆」を自ら栽培し
甘~い濃いざる豆腐を作っている
㈲尾瀬ドーフの千明社長と私の対談。

こちらも、開発秘話、小企業の生き残り策が聞ける
すごい企画!どうぞご期待ください!

中小企業の皆様のご参加をお待ちしております。
申込み方法はこちらでご覧下さい↓
http://www.g-smeca.jp/event.html

  


Posted by アクトアズ at 20:57Comments(0)社長のお言葉