企業に役立つマーケティングとマネジメントの話と、仕事でお会いした社長さんが発したありがたいお言葉と、私が中小企業診断士として取り組んでいる仕事のことを書き留めます。

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2009年04月30日

公共施設あり方委員会「自然史博物館」

昨年より私は、群馬県公共施設あり方委員として、
「昆虫の森」、「ぐんま天文台」などいくつかの施設を見学して来ました。

先日4月23日には
富岡市にある「自然史博物館」を視察させていただきました。

家族とは何度か訪れ、巨大な動く恐竜模型などを楽しんでますが、
この日メインに見せていただいたのは、
博物館の裏側です。

恐竜の骨の化石を岩から掘り出すボランティアの方。
(ウチの息子が絶対やりたがる!)
蝶を分類し、展示ケースに並べる蝶のプロ。
冷凍乾燥したキノコを収蔵庫に収めるキノコのプロ。
コレクターから寄付された3万個の貝を分類するプロ。
(寄付される物は多く、収蔵庫がいくらあっても間に合わない。
 将来、どうするのか・・・?)

中には、「解剖室」にて
県内に生息するハクビシンを解剖し、食物を調べる職員も。

びっくりしました!
表明的には静かで人影が少ない博物館の中に
これ程多くの専門家が働いていたとは。
人件費が多いのも当然ですね。

問題の一つは、群馬県立博物館は、
何をどこまで何のためにする所なのかを
県民に明確に説明できるかだと思います。
隣接県の博物館との情報交流も少ないらしい。

教育事業は非営利的事業であり、
「赤字=罪」とはならないとは思いますが、
予算の立て方とその管理統制のやり方には、
甘さを感じます。
(全員が研究や館内管理で手一杯の様子)

とは言っても、すばらしい充実した施設です!
高速信越道を、軽井沢に行く途中で下りて、
寄り道していただければ、
富岡ICから10分で到着します。
どうぞ皆様、ゴールデンウィーク、お子様連れで、
恐竜や人間の祖先について楽しく学びにいらしてください。

時に「バックヤードツアー」や「ナイトツアー(8/8~9)」も実施され、
裏側が見られます。詳しくはホームページでどうぞ。
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/view/servlet/MuseumTop
  


Posted by アクトアズ at 09:01Comments(2)マネジメント