企業に役立つマーケティングとマネジメントの話と、仕事でお会いした社長さんが発したありがたいお言葉と、私が中小企業診断士として取り組んでいる仕事のことを書き留めます。

2011年02月19日

セミナー講師とセミナーテーマ

過去1年間で講師を務めたセミナーを振り返ります。

①『願望を語り、叶える企業へ』
②『経営改善計画作成支援について』
③『実践!マーケティング講座』
④建設業向け『経営改善講座』
⑤商店街活性化セミナー『地域の顔の復活を目指して』
⑥会計啓発普及セミナー『不況に打ち勝つ事業計画の作成』
⑦倫理法人会講話『後継者お助けたい』、『不況に負けない心と頭』
⑧『起業論』

①関東塗料組合様の新年会にて
テーマ『願望を語り、叶える企業へ』で講演
(2011年1月)

塗料製造業の組合と、小売サービス業支援が中心の私は、
何をお話しようか迷いましたが、
塗料メーカーあるいは組合員である各企業を調べるにつけ、
「塗料メーカーの奥深さ」を強く感じまして、
今後の日本の産業発展に欠かせない業界であると確信しました。

そこで、お話した内容は以下です。
○感性の話
○ミックス戦略の例として「ポケモン」と「もしドラ」の話
○「五輪書」の戦いの心構えを経営に応用した話
○そして、今年の願望(企業と家庭)を、相互に語っていただく

これまでご経験の無い「女性講演者」から、
「願望をお隣と語り合って下さい!」と言われて、
皆さんかなり戸惑われていましたが、
これがイノベーション魂の始まりですよ!

②信用金庫の企業支援(融資)担当者向けセミナー
テーマ『経営改善計画作成支援について』
(2010年10月)

金融円滑化法により、
経営改善計画を作成すれば債務者区分の評価が上る可能性がある企業でも
自力で改善計画を作成できる融資先が少ない。
結局、担当者が作成する事が多く、
それでは、実際目標達成につながらない。

そこで、担当者が、経営改善計画を作れない企業に、
どのような言葉がけをし、何をヒアリングし、
融資先の経営者自身に何を自覚し何を決めて(決心して)もらうか。
そして最後に、業種別ごとに特別なポイントをお話しました。

短い時間でどこまで伝わったかわかりませんが、参考になれば幸いです。

③米店グループ様へ
テーマ『実践!マーケティング講座』 実施中
(2011年2~3月)

マーケティングの教科書には、中小企業の例がありません。
私の経験の中から、
小企業のマーケティング戦略立案方法の実際を紹介し、
各店舗それぞれに、
戦略(事業方針)と綿密な販促策を
組み立てていただきます。

④群馬県主催
『建設業向け 経営改善講座』

経営方針、財務、営業、組織、新分野と分野があり、
私は、経営方針と財務を担当しました。

現状データをどのように分析し、課題をみつけ、
どのように経営方針に結びつけるかをお話しました。

⑤藤岡商工会議所主催 商店街活性化セミナー
テーマ『地域の顔の復活を目指して』
(2010年9月)

このセミナーの前には、
藤岡市の中心商店街の活性化を目的に、
小学生の親御さん700名を対象に「買物行動アンケート」を実施し、
そのデータの分析とその結果を受けた商店街への提案を作成しました。
セミナーは、そのレポートの説明会でありまして、
藤岡中心商店街の関係者に聴いていただきました。
カルチャーショックを受けたようです・・・。

⑥基盤整備機構主催の会計啓発普及セミナー

22年度のテーマは
『不況に打ち勝つ事業計画の作成 ~経営強化の体質づくり~』
でした

事業計画に盛り込む「事業方針(経営方針)」の見つけ方、
データ分析の方法などを主にお話しました。

⑦倫理法人会 講話
テーマ1『後継者お助けたい』

我が実家(中小企業)の後継者問題を例に、
創業社長だった超ド迫力会長への倫理的対処法と
二代目ボンボン社長の支援法をお話しました。

テーマ2『不況に打ち勝つ心と頭』

「景気悪いから・・・」と言ってしまう経営者に向け、
やる気になる方法を選択理論をヒントにお話し、
後半は中小企業診断士らしく、
何をすれば良いか、事業方針の打ち出し方をお話しました。

⑧短期大学の授業
『起業論』講師
(2010年9月~2011年1月)

内容は、
企業の仕組、儲けの仕組、マーケティングを講義し、
最後に、各自に、架空の「ビジネスプラン」を作成してもらいます。

近頃の学校は、生徒が講師を評価する制度がありまして、
3年間ほぼ同じ内容でやってきた授業内容に対して、
受講生より、以下のようなコメントをもらいました。

○難し目のレポートの他に試験もあるなんて、大変過ぎる
○授業を聞いただけでは、レポート(ビジネスプラン)が書けない
○黒板の板書がわかりにくい

一方的に話す時間が多いためか、
小説を読んでいる子もいるし、
3回まで欠席して良いことになっているので、3回欠席の子もいます。
卒業前の2年生なので、
卒業のために「C」をもらうくらいなら、わざと「落とす」子もいます。

そこで考えました。来年度からは、
○2ページあるビジネスプランの作成を
 1ページずつ2回に分けて説明し作成させる。
○「起業」にこだわらず「企業」について
  新入社員にとって身近な話題を多く取り入れる
○自ら考え発表する時間を多く取る
ように、カリキュラムを変更します!

☆☆☆☆☆

聴かれる方の気持ちになりきって、
セミナー内容をその都度組み立てております。
毎回、反省することしきりですが、
私自身の成長と共に、セミナー内容も進化します。
長い目で、よろしくお願いいたします。


同じカテゴリー(今日の仕事)の記事
 現場を知ってる認定機関に (2013-11-17 14:31)
 『旅館経営研究会』の活動 (2013-04-08 14:55)
 セミナーの話の組み立て方 (2012-11-02 08:53)
 買物弱者支援シンポジウムにて (2012-09-09 17:31)
 館林の地域コンセプト案 (2012-08-15 00:24)
 群馬県の地域資源 (2012-04-24 00:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
セミナー講師とセミナーテーマ
    コメント(0)