企業に役立つマーケティングとマネジメントの話と、仕事でお会いした社長さんが発したありがたいお言葉と、私が中小企業診断士として取り組んでいる仕事のことを書き留めます。

2011年08月01日

温泉ソムリエ講習で習った「放射線」

私は旅館の支援に少しでも役に立つようにと
温泉ソムリエとして温泉(水)の勉強をしている。

先日の講座で習った温泉の種類。
「硫酸塩泉」・「硫黄泉」・「炭酸水素塩泉」は『美人の湯』と言える。

「放射能泉」という希少な温泉もある。
「ホルミシス効果」と言って、
微量な放射線で体に負荷をかけることにより、
免疫力が上ると言われている。

「放射能泉」の「利用者の声」には、
白血病や末期ガンを克服したというのがある。

一方、高校の地学の先生 山賀進氏のHPでは以下を見つけた。



放射能をあびるとDNAの鎖が破壊されたりする。被曝した後すぐに(数週間後に)出る急性障害
(やけど、出血(内臓からも)、けいれん、脱毛、白血球減少、永久不妊など)と、
数年、場合によっては数十年後に出る晩発性障害
(ガン・白血病、白内障、胎児の障害、寿命短縮、遺伝障害など
 (しかし原因を数十年前に浴びた放射線だと特定することは難しい))
がある。

この量を越えなければ害がでないという「量」があるとき、それをしきい値(閾値)という。
放射線影響の分野では、
皮ふの紅斑、脱毛、不妊などには「しきい値」が存在しているといわれている。
一方、ガンや遺伝障害をもたらす量については「しきい値」はないと思われている。

微量放射線の害を評価するのは難しく、現在でも議論になっている。
①一つはある量以下ではほとんど害がないとする説(その量を「しきい値」という)、
②一つは、確率現象なのだから、いくら被曝量が少なくても
発病の確率が低くなるだけでゼロにはならないという説、
③もう一つは極微量ならばかえって細胞を活性化するという説(ホルミシス説)である。
(出典:山賀進氏のHP「放射能の危険性」)

どの情報が絶対正しいと言えないようだ。
どんなDNAにどのように反応するのか解明されていない
ということだけはわかった。

何を自分の信念として、何を選んで、どのように生きていくのか。
そしてもし病気になったとしても、それは同じ。
今できる事、今日最大限できる事を、やっていくだけだ。

「放射能泉」に好んで入る人がいることを知って、
市場に出回っている東北の農水産物まで避ける事はやめようと思ったが、
その代わり、免疫力をアップする事(例えば、笑う事)を
世の中全体に増やそうと思う。

それにしても、原子力発電所は、無謀すぎると思います。
永久に平和をもたらすシステムではない。
何とかしないと・・・。


同じカテゴリー(コラム)の記事画像
草津の森で森林セラピーそして温泉♡
バカと呼ばれる植物
グリーンカーテンに学ぶ
ワーキングマザーのメニュー
同じカテゴリー(コラム)の記事
 私の春休み 旅行編 (2014-04-02 10:37)
 私の春休み 映画編 (2014-04-02 09:57)
 草津の森で森林セラピーそして温泉♡ (2013-08-13 10:58)
 バカと呼ばれる植物 (2013-04-08 14:07)
 焦点は合っていますか? (2013-01-27 15:31)
 「さかさまの空」の発想力 (2012-05-01 23:50)

Posted by アクトアズ at 18:07│Comments(0)コラム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉ソムリエ講習で習った「放射線」
    コメント(0)