企業に役立つマーケティングとマネジメントの話と、仕事でお会いした社長さんが発したありがたいお言葉と、私が中小企業診断士として取り組んでいる仕事のことを書き留めます。

2011年09月03日

剣道始めました

中学3年生の時、試合に勝つこともなく、
初段を取って辞めてしまった剣道を、
この年にして再開しました。
息子の剣道の稽古や試合や素振りに付き合っていうち、
やりたくなってきたのですが・・・。

三十数年ぶりに面を付けた時、フラッシュバックしました。
「そうだ、練習がつらくて・つらくて辞めたんだった~!
 やっぱり、再開するのは、やめようか・・・」
「もう遅い!小手も道着も買ってしまった(かなり投資した)のだ!」

市の武道館で、女性だけの練習日が週1回あって、
そこのチーム「蒲公英(たんぽぽ)」にお世話になることにした。

初日、剣道形の1~5本目の打太刀(うちだち)の形を教えていただく。
ゆっくりした動作なのに、汗が落ちた。

2日目、Youtubeで 剣道形を復習してから望んだが、
今度は仕太刀(しだち)を教わり
「もうダメ、覚えられない!情けない・・・
 またYoutubeで復習しないと・・・」

さらに情けないのは、稽古だ・・・
初日は、稽古の終わりの蹲踞(そんきょ)から立ち上がれなかった。
2日目以降も、1分間打ち続けると、もう足が疲れて1歩が出なくなる。
「姿勢は良い。手の動きも早い。」と褒めていただいたが、
足が~体が~「出たくないー」と言っている。
自分との戦いである。
そんな自分を振り払うためには「やあーーー!」と大声を出し、
気合を入れる。
本当は、相手を威嚇するために、言うのかもしれないが、
今の私は完全に自分に言い聞かせるために叫んでいる。

弱い自分に勝つ。
まっ、そのために始めたのである。
足腰・腹筋・背筋を鍛えて、体重も減らして、
3分以上戦い続けられる体にならなければ。なりたい・・・。

宮本武蔵先生のおっしゃる「観る」ことができ、
そして「平常心」で戦える人になりたい。
これは剣道に限らず、仕事でも、日常でも。

「五輪書」より
*観る・・・心の目で見る
*平常心・・・広い視野から真実を見極め、緊張しすぎず、少しもだらけず、心が偏らぬよう真中に置き、心を静かにゆるがせて、そのゆるぎが一瞬も止まらぬよう、常に流動自在な心の状態を保つこと。

それにしても、60代らしき ある女先生は、
ゆっくりとした動作ながらも、
永遠と稽古をし続けることができる。
30分間、休み無く。
驚きである!
力を入れ過ぎない、無駄のない動き、美しい!

剣道は、
相手の隙を見つけ打つか、
相手を誘って、相手が打って出ようとする所を先に打つ、
などである。

今は全く 相手の隙が見つからない・・・
相手を誘う余裕がない・・・

息子達(道場の子供達)を尊敬する!

私だって、今に開眼する!
いつになるか、お楽しみ。


同じカテゴリー(剣道)の記事
 剣道二段 目指して (2012-09-09 07:24)
 剣道の科学的上達法 (2012-06-14 08:26)
 打っても当たらない! (2011-10-01 13:58)

Posted by アクトアズ at 01:06│Comments(0)剣道
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
剣道始めました
    コメント(0)