企業に役立つマーケティングとマネジメントの話と、仕事でお会いした社長さんが発したありがたいお言葉と、私が中小企業診断士として取り組んでいる仕事のことを書き留めます。

2011年10月01日

打っても当たらない!

昨日の高崎市女性剣道会「蒲公英」での稽古は、
剣道形の練習の後、
人数が多いので、いきなり廻り稽古の地稽古(競技練習)でした。

六段の先生に、一歩近づかれるだけで、
もの凄い迫力を感じます。
空気が動いてくる感じです。
どうせ、先に打っても当らないから、
先生が打ってきたら胴で返そうと、
胴ばかりやっていたら、
「面を打ってきてください」と言われました。
(胴の方が手が疲れないのだけど・・・)

他の先輩にも
打つ前に竹刀を押さえられ(え?私竹刀が動せない!)、
面を打っては竹刀でかわされ、首でかわされ、先に面・小手を打たれ。
「じゃ今度は、竹刀を右上に払ってから小手だー!」と掛かって行っても、小手を打ったつもりが、そこにもう先生の小手は無く・・・

今朝、倫理法人会の会議で、
剣道五段の株式会社LUCの内田光彦社長にお会いした時、
「打とう何て10年早い!」と言われました。
「当らなくてもいいから、基本の形で打ち続けること!」と
素振りの形を見ていただき、アドバイスを下さいました。

・素振りは木刀で行うこと。
・木刀(竹刀)は、両手とも小指と薬指に力を入れて持つこと。
・45℃の角度に振り上げ、釣竿のように(1回で)振り下ろすこと。
・最終的には「一拍子の打ち」ができるように、
 まずはゆっくり「二拍子の打ち」で素振りすること。

こうして、相対して教えていただけること、
心から幸せに思います。
内田社長、ありがとうございます!

いつか私の剣先が相手の面を打つ事を目指して、
鍛錬いたします。


同じカテゴリー(剣道)の記事
 剣道二段 目指して (2012-09-09 07:24)
 剣道の科学的上達法 (2012-06-14 08:26)
 剣道始めました (2011-09-03 01:06)

Posted by アクトアズ at 13:58│Comments(0)剣道
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
打っても当たらない!
    コメント(0)