企業に役立つマーケティングとマネジメントの話と、仕事でお会いした社長さんが発したありがたいお言葉と、私が中小企業診断士として取り組んでいる仕事のことを書き留めます。

2012年02月29日

続いてます中学校周辺のゴミ拾い

毎週日曜の朝にやる!と決心した
隣の中学校周囲のゴミ拾い、
これだけは、何とビックリ続いております!

毎週金曜日の剣道の稽古に
足腰と心肺がついていけるようにするためのジョギング、
のついでとして始めたのですが、
(あまりにゴミが多いので、拾いたくなったのです)
ジョギングはサボりたくなるけど、
「明日朝、中学生が朝練で走る場所だから・・・」
しかも「日の出の(明るくなる)前に終えたい」と思うと
(頭ぼさぼさで走ってますから・・・恥ずかしいので・・・)
サっ!と起きられます。

続けていると、
ゴミを捨てる人の心理なのか、法則が見えてきます。
福田先生がおっしゃっていたように、
ゴミのある場所にゴミを捨てるのです。
何もない目立つ場所には、捨てる人は少ないようです。

白菜畑の隣の空き地に、
風で飛ばされた白菜の葉がたくさん落ちていますが
その中に、白いマスクがいつも落ちています。
見つけた時には「またか~」と笑ってしまいます。

桃にかけた紙の小袋(秋のゴミ)がやっと片付いたと思ったら、
今度は、春の足音に、若者が外に出てきたのか、
たばこの吸い殻が増えてきました。
土の中の虫と同じ法則(啓蟄(けいちつ))を感じます。

中学校の周りを時計回りにジョギングした時は気が付かなかったゴミも、
反対周りに走ってみると、さっき見えなかったゴミが見つかります。
物事は双方向から、見なければ判らないものだと、
人生を感じます。

ゴミを抱えて帰って来る私を見て、夫は
「男(脳)は地図が読める代わりに、街の状況が目に入らないと、
 テレビ番組でやっていた。
 だから男はゴミがあっても気が付かないかも」と言いました。

何事も、やってみなければ、わからないさー!


同じカテゴリー(コラム)の記事画像
草津の森で森林セラピーそして温泉♡
バカと呼ばれる植物
温泉ソムリエ講習で習った「放射線」
グリーンカーテンに学ぶ
ワーキングマザーのメニュー
同じカテゴリー(コラム)の記事
 私の春休み 旅行編 (2014-04-02 10:37)
 私の春休み 映画編 (2014-04-02 09:57)
 草津の森で森林セラピーそして温泉♡ (2013-08-13 10:58)
 バカと呼ばれる植物 (2013-04-08 14:07)
 焦点は合っていますか? (2013-01-27 15:31)
 「さかさまの空」の発想力 (2012-05-01 23:50)

Posted by アクトアズ at 12:56│Comments(0)コラム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
続いてます中学校周辺のゴミ拾い
    コメント(0)