企業に役立つマーケティングとマネジメントの話と、仕事でお会いした社長さんが発したありがたいお言葉と、私が中小企業診断士として取り組んでいる仕事のことを書き留めます。

2010年02月25日

1~2月の喜働

毎月末に1ヶ月の仕事を振り返ると決めましたのに、
いつの間に2月になっていました。

旅館コンサルとして、
じゃらんの営業の方に、
じゃらんネットでの売れるプランの作り方を教えていただき、
また、じゃらん主催のセミナー「クチコミ返信の心得」を聞いてきました。

支援先旅館の料理改善委員会も効果が現れて来ました。
料理に対する悪いコメントが無くなり、
良いコメントを入れてくれるようになったのです。
現在、春メニューの企画中、
板場スタッフのモチベーションも益々あがっています。

宣伝広告を『春』バージョンに変える時期ですね。
支援先のホームページを、桜一色に変えました。
年間の販促計画をしっかり立て、
(今年こそ!)確実に実行しましょう!

この時期は毎年お役所の年度末にあたり、
「無料相談」対応(1~2回訪問でご相談に即応答)を
2件させていただきました。

食品小売業さまと手技サービスさま

食品小売業さま
そのお店の商品と競合店の商品を食べまくりながら、
今後10年生き残るための戦略を考え、ご提案しました。

手技サービスさまとは
ホームページやDMで、
当店の強みである実績・信頼感・ためになる専門知識を、
如何に表現するかを検討しました。

また、
農商工連携を申請された企業の
来年度実施計画づくりをお手伝いしました。

そして、
この1月に始まったプロジェクト!
「企画の学校」の立上げに携わることになりました。
㈱企画塾の企画メソッドを使って、
頭の中のアイデアややりたい事を、
緻密な実行可能な企画書に落とし込んでいくという
実践的な研修を行います。

単なる思い付きアイデアをまとめるのではなく、
現状分析(市場・競合分析、既存顧客分析、自社の強み・弱み)
の結果を元に、確実にアイデアを成功へ結び付ける方法で、
これは中小企業診断士のコンサル方法とも正に同じです。
これから私はCTPTの手法を取り入れて、
支援先のマーケティングをより確実に実行してまいります。

2月13日には、富山市に行き(遠かった~~~)、
富山商業高校の学生が、この企画の手法を使って、
様々な商品サービスを企画し、地元の企業に製造を依頼し、
3日間の文化祭で1500万円を売上げたという
すごい事例の発表を聞いてきました。
大人の発表よりも内容・発表方法がすばらしく、
大人も負けていられない!と焦らされましたよー。

群馬の学生や起業家を、一層クリエイティブに、
実践人・達成人を一層増やすために
「企画」を広めてまいります。


同じカテゴリー(今日の仕事)の記事
 現場を知ってる認定機関に (2013-11-17 14:31)
 『旅館経営研究会』の活動 (2013-04-08 14:55)
 セミナーの話の組み立て方 (2012-11-02 08:53)
 買物弱者支援シンポジウムにて (2012-09-09 17:31)
 館林の地域コンセプト案 (2012-08-15 00:24)
 群馬県の地域資源 (2012-04-24 00:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
1~2月の喜働
    コメント(0)