企業に役立つマーケティングとマネジメントの話と、仕事でお会いした社長さんが発したありがたいお言葉と、私が中小企業診断士として取り組んでいる仕事のことを書き留めます。

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2012年05月01日

「さかさまの空」の発想力

現在のNHK朝のテレビ小説の主題歌
SMAPが歌う『さかさまの空』、
この言葉を聞いたとき、ドキッとしました。

子供の頃しかやらないポーズ、
前屈をして足の下から見るさかさまの空を
思い出したからです。
(歌詞では、寝ころんで見た空ですが・・・)

久しぶりにやってみると、
足の下から見る「さかさま」の風景は、
まるで別世界に見えます。

悩んでいたことも、忘れられそうな
嫌いな人も、おもしろい人に見えてきそうな
売れない商品も、見せようで売れそうな
気がしてきます。

子供の頃から、その発想にびっくりしているものを、もうひとつ。
ルイス=キャロルの『鏡の国のアリス』の最初に出てくる
左右線対照に「裏返し」になった文字(文)、
「ジャバウォック ものがたり」。

子供の頃は「こんな印刷ができるんだー」でしたが、
成長するにつれ、次第に、
数学と文学を融合させたルイスさんの思考回路に驚かされ、
今では、文字を「裏返す」発想力のすごさに改めて驚かされます。

オズボーンの発想法にもありますね。
○他に利用したらどうか
○アイデアを借りたら
○大きくしたら
○小さくしたら
○変更したら
○代用したら
○入れ換えたら
○反対にしたら
○結合したらどうか

どんどん発想して、さくさく行動しましょう。  


Posted by アクトアズ at 23:50Comments(0)コラム

2012年04月24日

私、温泉ソムリエがお気に入りの場所

それは、群馬県高崎市「はまゆう山荘」です。

一昨日の日曜日は、
息子が暇過ぎて「どこか行きたーい」と言うので、親子3人、
今は高崎市に合併した旧倉渕村にある「はまゆう山荘」に
テニス+温泉に行ってきました。

子供が小さい頃から、よくここへテニスしに行ったのです。
テニスコートが、山荘の前の、林に囲まれた所にあり、
2時間テニスした後(市民はコート代1000円)、
山荘(=宿泊施設)内の温泉に入るのでーす!(市民は350円)
最高!

はまゆう山荘のHP
http://www6.wind.ne.jp/hamayu/

2年前ボーリングして掘り当てた「はまゆうの湯」は、
見た目は無色透明で、香りもなく、
肌ざわりも少しだけキシッとしているだけで、
一見、成分が薄そうに見えますが、
どっこい! 伊香保の「黄金の湯」よりも
成分総計が多いのです!
(はまゆう=7,168mg、黄金=1,280mg)

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉なので、皮膚に皮膜を作ってくれ、さらに肌にハリと弾力を与えてくれる。
さらに塩化物泉なので、皮膜形成・血行促進・保温保湿効果のある
「美肌の湯」なのです!
10分浸かっていたら、湯上りに肌がつるつる・サラサラになりました。

残念ながら「掛け流し」と「循環」併用ですが、
すいているので、お湯はきれ~い!
こんな温泉に350円で入れるなんて!(市民じゃなくても500円)
うれしいですねー

お風呂上りには、
グランドピアノのあるロビーの
窓辺のカウンター席にすわり、
林にいる野鳥を本で調べたりしちゃう。
まるでカード会社のCMのように素敵!
(ぐんま県とは思えない!と言ってはダメですね)

高崎市と横須賀市の国民健保の保養施設なのだそうで、
宿泊も休前日なのに6700円~ですよー!
ここに泊まって、軽井沢で遊べば良いのですよー!!!

高崎と横須賀とその他の皆様も、
もっともっと利用しましょうー
  


Posted by アクトアズ at 00:45Comments(0)オフ

2012年04月24日

群馬県の地域資源


牛肉、豚肉、きのこ、梅、小麦、キャベツ、苺(やよいひめ)、アユ、繭、こんにゃくいも、小玉スイカ、ブルーベリー、りんご、なし、下仁田ネギ、花いんげん豆、尾島のやまといも、虹鱒(ギンヒカリ)、さくらんぼ、レタス、自動車及びその部品、電気機器及びその部品、桐生織、各地の温泉
  


Posted by アクトアズ at 00:44Comments(0)今日の仕事

2012年04月20日

東銀座のぐんまちゃんち

東銀座の交差点にある群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃんち」に
昨日はじめて行きまして・・・少しがっかりしてしまいました。

ぐんまの魅力が何なのか、わかりにくい店でした。
群馬の人には「あーあの商品ね」とわかりますが、
普通の人には、ただの「商品(単品)」にしか映っていないと思います。
東京に36年間・群馬に13年間居て、両方を知る私には、じれったかった。

ぐんま(店)のコンセプトをしっかり決めて、
訴える魅力ごとにコーナーにして、
シンプルに、すっきりと、わかりやすく 表現してほしいなと思います。

もっと都会の人に紹介すべき商品やテーマが多くあります。
「榛名の梅 商品」や 昔ながらの美味しーい梅干(なぜこれが置いてないのかー!)、
県庁所在地の前橋市の北には「すそ野が長がし赤城山」がドーンとあって、その景色の素晴らしいこと!
その赤城山麓には、豚や牛が畜産され、その肉のおいしいこと!
「昭和村の広大な畑の高原野菜」、
「安中の広大なこんにゃく畑とおばあちゃんが作る手作りコンニャク」、
「川場の棚田の風景最高ー!で、そのお米も最高ー!」、
「黒い夜空の星々(ぐんま天文台もある!)」、
「里山で昆虫採集できる昆虫の森(こんな所、他にはない!)」、
「山麓から湧き出る温泉の数々」、
「養蚕文化と絹産業」、
「武尊雪山とみなかみの水」、「沼田他のフルーツ」

「ぐんま」がどんなに魅力的な所か、脳裏に映像が浮かぶような、
そんなアンテナショップにして行きたいですね。

都会の皆様!「ぐんま」にエールをお願いします。  


Posted by アクトアズ at 00:32Comments(0)今日の仕事

2012年04月20日

実践トレンドマーケティング講座 受講

昨日、青山にて、綜合ユニコム主催、
牛窪 恵さんが講師の「実践トレンドマーケティング講座」を受けてきました。

これまで、ご自分の目と耳と足で、消費者を見つめ続けて来られたんだなー
ということがよーくわかり、牛窪さんをリスペクトしました。
多くの情報を弾丸のごとく、でも大変わかりやすく、話してくださいました。
楽しかったですー!

私は「ハナコ世代」で、
子供達は「ゆとり世代」、「バブル二世」とも言うらしい(笑)。

バブル期に社会人として「24時間働き&楽しんでいた」私達と、
その考え方の影響を少しだけ受けているが競争心皆無の子供達。
親やその上の祖父母達と一緒になって「記念日消費」をする、
「仲良し家族」と言われ、
思わず笑ってしまいました。
「ウチそのもの!覗かれているようで恥ずかし!」

30代の70%が未婚者で、恋人もなく、結婚願望(自信)がないらしい。
これは本当に大問題だわ。
子供達(世代)には、手に職(技能)と知恵をつけてもらって、
自ら稼ぎ出す力を付けてもらいたいものです。

若い世代の消費者には、コスパを示さないとダメ。
(コスパとは、コストパフォーマンスのこと)
先生の言う事は聞かないが、同級生のリーダーのことなら聞くから
人(スタッフ)の育成が重要。
モノよりもスタッフで集客する時代。

20代~50代の誰もが、
コミュニティ(同じ趣味の仲間)を大事にする。
しかも、ゆるつながりのコミュニティだそうで、
色んなコミュニティーに所属して、クチコミしたりする。

マーケティング戦略立案の参考になりましたー!
がんばりましょうー  


Posted by アクトアズ at 00:25Comments(0)マーケティング

2012年03月07日

旅館再生の実際

私は中小企業診断協会群馬県支部で
「企業再生研究会」の会員でありまして
先日、講師を勤めました。

『旅館再生計画と実際』というテーマで、
これまで私が計画策定に携わった宿泊業3件の事業が、
再生計画通りに再生したか否か、
宿泊業の再生に必要な要素は何かを私なりにまとめ、
お話しさせていただきました。
(守秘義務がありますので
 固有の情報は避け、特定できないようにお話しました)

結論 というか
かつて再生計画を作成支援した私の反省というか
再生協議会ルールの矛盾を申しまげます。

設備あっての宿泊業ですので、
他の業界に比べ借入金の多さと
その返済負担は、どちらの宿泊業も大変な訳で。

10年15年も経てば必ず古びて来ますし、
お客様に良い気分にひたっていただき、
ある一定以上の対価をいただくには
「施設」のバージョンアップ(あるいは保全・修理)
(設定したコンセプトに統一していく改修)
は必須だということです。

施設を数年間今のままで売上をあげるというプランは、
(「ヒト」の気持ちが乗らず、
 運営改善のモチベーションも上がらずなのか)
売上目標の達成率が低いです。

融資元の金融機関は、
右肩下がりに借入金が減る計画を作りたがりますが、
(私もその意向をくんで、そんな計画も作りましたが)
実際は、ぎざぎざと上がったり下がったりしながら、
徐々に減少させるものであると思いました。

また、宿泊業は「施設」のみ変えても上手くいきません。

ネット広告・販売の環境をしっかり整え、
料理を変えれば、変化がわかり易いので、
効果が出やすいです。が、

何と言っても「ヒト」でありまして、
それまでクチコミで接客や運営の悪さを指摘されていた宿は、
若き後継者など新たな経営人材を投入するか、
「ヒト」の「気持ち」を入れ替えるか、
いっそ「ヒト」を入れ替える。
そしてお客様の気持ちになって、
慣れた「やり方」を変える必要がありますね。

経営者が「自分も(参画して)作った計画」と思うか
「コンサルと金融機関が作った計画」と思うかで
実行結果が異なります。

当たり前と言えば、当たり前の結果ですが、
改めて「計画作成」の重要ポイントを確認できました。  


Posted by アクトアズ at 14:27Comments(0)今日の仕事

2012年02月29日

続いてます中学校周辺のゴミ拾い

毎週日曜の朝にやる!と決心した
隣の中学校周囲のゴミ拾い、
これだけは、何とビックリ続いております!

毎週金曜日の剣道の稽古に
足腰と心肺がついていけるようにするためのジョギング、
のついでとして始めたのですが、
(あまりにゴミが多いので、拾いたくなったのです)
ジョギングはサボりたくなるけど、
「明日朝、中学生が朝練で走る場所だから・・・」
しかも「日の出の(明るくなる)前に終えたい」と思うと
(頭ぼさぼさで走ってますから・・・恥ずかしいので・・・)
サっ!と起きられます。

続けていると、
ゴミを捨てる人の心理なのか、法則が見えてきます。
福田先生がおっしゃっていたように、
ゴミのある場所にゴミを捨てるのです。
何もない目立つ場所には、捨てる人は少ないようです。

白菜畑の隣の空き地に、
風で飛ばされた白菜の葉がたくさん落ちていますが
その中に、白いマスクがいつも落ちています。
見つけた時には「またか~」と笑ってしまいます。

桃にかけた紙の小袋(秋のゴミ)がやっと片付いたと思ったら、
今度は、春の足音に、若者が外に出てきたのか、
たばこの吸い殻が増えてきました。
土の中の虫と同じ法則(啓蟄(けいちつ))を感じます。

中学校の周りを時計回りにジョギングした時は気が付かなかったゴミも、
反対周りに走ってみると、さっき見えなかったゴミが見つかります。
物事は双方向から、見なければ判らないものだと、
人生を感じます。

ゴミを抱えて帰って来る私を見て、夫は
「男(脳)は地図が読める代わりに、街の状況が目に入らないと、
 テレビ番組でやっていた。
 だから男はゴミがあっても気が付かないかも」と言いました。

何事も、やってみなければ、わからないさー!  


Posted by アクトアズ at 12:56Comments(0)コラム

2012年02月02日

経済的元氣会社になりましょう

3月決算の企業さん、多いですよね。

23年4月から12月までの損益計算書(試算表)は完成していますか?
24年1月の損益はどうでしたか?
2月・3月の損益を予測し、減価償却費などもを引き算して、
今期(1年間)の「当期利益」の見込み額をなるべく早く出してください。

必ずや黒字にしてください。

赤字を2期以上続けてはいけません。
融資を受けている金融機関が「厳しい態度」になります。

私の尊敬する株式会社ヒューマンネットワークの
福田茂夫先生が定義した「経済的元氣会社」とは

1.働く全ての人が幸せになる会社
2.法人税を支払う会社
3.支払日に支払額をきっちり支払う会社

であります。

今期黒字が無理そうなら、
来期以降に、必ずや黒字にしましょう!

そのためには、今月中に来期の「経営計画書」を作成しましょう。
1.資金繰りの改善
2.利益計画
3.経営方針の明確化・深堀り
4.貸借対照表の改善プラン
が必要です。

「経営計画書」作成後は、毎月進捗をチェックし、
行動を改善し、方向性を共有します。
「CA(チェック&アクション)」は、コンサルタントのような、
第三者が入る方が、厳しい目標管理がしやすいでしょう。

経済的元氣会社を目指しましょう!  


Posted by アクトアズ at 00:01Comments(0)マネジメント

2012年01月17日

毎日の習慣

毎日の習慣にしていること

☆朝6:25~6:35のテレビ体操

☆寝る前の腹筋30回、背筋50回、ヘビのポーズ

☆味噌汁つくり 酒粕を入れると美味しくてハマってます

☆朝出勤前の旦那の肩もみ

☆毎日、どなたかに、お葉書かお便りを出すこと

でも、時々、さぼります・・・あしからず
  


Posted by アクトアズ at 23:05Comments(0)コラム

2012年01月17日

良い事を“習慣”にする

2012年が始まり、
私は、小さな行いを続ける決心をし、実行しています。

それは、
昨年暮れに受講した「元氣玉セミナー」の
ヒューマンネットワークの福田茂夫先生に感化されてのことです。

福田先生は、5年間毎日(1900日)欠かさず、
渡良瀬川の土手で、大声で、姿勢を正して、
論語の素読をしていらっしゃいます。

私も昨年の12月22日の朝(セミナー2日目の朝)
論語の素読を一緒にやらせていただいたのです。
手がかじかむのも忘れ、
頭上の”緑橋”に通勤の車が連なっていようとも気にせず、
おー声で読んだのです。

「子曰くっ!!!学びて時に之を習う!!!」 です。

天気は曇りでしたが、気持ち良かったです~。

セミナー会場の「ビジネスホテル大栄」までの帰り道、
土手を歩きながら、福田先生が話して下さいました。
「毎日、土手のゴミを拾っているのですが、
 毎日、同じゴミを捨てる人がいたのです。
 家庭のゴミとか、タバコの吸殻の山とか・・・
 根気良く、拾い続けていたら、
 ある時から、捨てられなくなった。
 向こうが、根負けしたか、
 土手がきれいなので、捨てる気がしなくなったのか。
 まあ~おもしろいです」と。

私もゴミが拾いたくなって、
学校が始まる前日の、日曜日の朝、
自宅の隣の中学校の周囲をマラソンしながら、
 
ゴミ拾ってみました。
(朝食前のマラソンなので、ダイエットを兼ねてます)

ゴミの内容は、
隣の桃畑から飛んでくる、若桃にかぶせた紙が数十枚、
(見れば、まだ桃の木に沢山の紙がついたまま!
 今後もやりがいあるぞー)
Marlboro と LuckyStrike のタバコの空箱、
これは、毎週落ちているので、
おそらく同じ人が捨てていくのでしょう。
タバコの吸殻もチラホラ。
あとはコンビニ弁当の空箱と珈琲の空き缶 など。

部活の中学生が朝マラソンするのになー。

中学の校庭の端に、落ちたままのボールが3個・・・。
誰か気がついて、拾ってー。

とにかく、いったん始めたら、続ける事に意義がある。
毎週毎週、雪でも雨でも、猛暑でも。
まずは1年間、がんばります!(宣言しちゃったー)
  


Posted by アクトアズ at 22:54Comments(0)コラム

2011年11月23日

12月1日 マーケティング戦略につなげるデータ分析セミナー

来年度の経営戦略立案に向けて、以下のセミナーを企画しました。
師走の忙しい時ではありますが、
EXCELを使ったことがない方でも理解できる、
事例紹介セミナーですので、
どうぞ、ご参加下さい。お待ちしております。

題名 経営戦略セミナー
   『EXCELで簡単に社内データを分析!』
    ~売上高の分解の仕方により戦略が見えてくる~

内容 決算書をながめていても経営戦略は立てられません。
   「売上高」を分解して分析すると見えてくるものがあります。
   日常的に発生させているデータからでも得ることができます。
   データをどのように区分すると何が観えて来るか、
   いくつかの事例をお話します。
   少人数制で、双方向で講義を進めます。
   データ表の一部をお持ちになり、ドシドシ質問して下さい。

日時 12月1日(木) 13:00~14:50
会場 高崎市産業創造館 高崎市下之城町936-14
費用 5000円
申込 FAX:027-360-4338 鴻上まで 
〆切 11月27日(日)までにお申込みお願いします
講師 コンサルタント アクトアズ 中小企業診断士 鴻上まつよ  


Posted by アクトアズ at 00:45Comments(0)マーケティング

2011年11月21日

中学校の歴史の学習

中学1年の息子の定期試験が近づき、
私に似て社会が嫌いなので、
社会の勉強をいつまでたっても始めない様子。
気持ちがものすごくわかるので、
家庭教師を買って出ることにした。

もう1年生広範なのにの試験範囲は『平安~戦国時代』?!
「進むの遅くない???」
「昭和はいつやるの???」と聞いてしまった。

思い返せば、私達も中学時代、
第二次世界大戦とか、玉音放送とか、マッカーサーとか、
吉田首相の「貧乏人は麦を食え!」
までは覚えはあるけれど
その後は、何やったっけ?という感じ。

何とか原人とか、縄文土器とか、たて穴式住居とか、
そんなのばかり覚えていて、
もっと「現代」を勉強しなくて良かったのだろうか?

どうやら今は中学の2年間で2000年分を学ぶらしいが、
それにしても無理があるのではないの?
学ぶ量に対して授業時間が短いから、
「何年に誰がどうして、次に何年にどうなって・・・」と
おもしろくも何とも無い教科書と授業になるわけで・・・
大っ嫌いでした!歴史が!

私には先生の言っている意味がわからなかった。
「平氏の滅亡後、源頼朝は鎌倉幕府を開いて武家政治を始めました」
といとも簡単に先生は言うけれども、
子供の私には、
「滅亡」ってどうなること?
「幕府を開く」って、何か門でもあって、それを開くの?
と頭に?????が巡り、
その後の鎌倉時代の話は全く頭に入りませんでした。

学校の歴史授業はいったい何物だ!
文部省は歴史(教科書)から何を学ばせようとしているのか?
そもそも歴史は何のために学ぶのか?
の疑問に、ネットで、いろんな人が答えてくれている。

・過去の喜びや悲しみから、これからやるべきことを学ぶ
・現在の政治(特に中国・朝鮮との関係)の判断には、
 太平洋戦争、さらにそれ以前の西郷隆盛の征韓論に遡って学ぶ必要がある。
・スポーツ選手でも、その競技専門の筋肉を鍛えるだけではなく、
 アスリートとしての体質を作る必要があると同様に、
 知的人格を造る為には義務教育程度までの知識習得は必須である。
・当然な事以上の知識を身につける事は、すなわち「人間の深み」になる。
・点を取らなければいけないなら、やればいいじゃないですか。

などと、これまた楽しい。

中学校での歴史は、3年位かけて、
現代から遡って学ぶというのは、どうだろうか。

また先生が話すのではなくて、
生徒がおもしろいと思った事象を調べて発表する。

私が中学の生徒に歴史を楽しんで覚えてもらいたいと思ったら、
最初に、2000年間長ーい年表フォームを用意して、
各時代の様子の写真を貼り付けさせる。
政治のドンの顔写真や、起きた事件のポイント、
その当時の服装・髪型や芸術の写真を。

2000年全体の流れを頭に入れてから、
「さあその中の○○時代のポイントはーこれだ!
 私たちが生きている現代社会は、この時代の影響を受けているのだよー」と、
一つ一つの事象を覚えさせるより、
「流れ」を見ていく方法を教えたいですね。

『わかる』から楽しいのである。  


Posted by アクトアズ at 23:19Comments(0)コラム

2011年11月11日

ホームページ開設しました

ホームページをやっと!開設しました。
[ アクトアズ ]で検索して下さい。
URLは http://www5f.biglobe.ne.jp/~kougami/ です。

「経営のヒント」と「販売のヒント」を 追加していきます。  


Posted by アクトアズ at 12:25Comments(0)今日の仕事

2011年11月11日

経営データ分析セミナーのお知らせ

近々私が講師をさせていただく、
2つのセミナーをお知らせいたします。
お忙しい時期かと存じますが、
2012年に向け、経営を変えたい・見直したい、
経営者・経営企画・財務部門の方、是非ご参加ください。

☆1☆
日時 11月17日(木)13:30~16:30
会場 伊勢崎商工会所
費用 無料
申込 伊勢崎商工会議所 0270-24-2211
講師 コンサルタント アクトアズ 中小企業診断士 鴻上まつよ
題名 中小企業会計啓発普及セミナー
   『変化の時代に対応できる会計』
    ~正しい経営判断を行うために~
内容 信用力のある決算書作成の必要性と、
   経営に活かす決算書の読み方、
   資金繰り計画の重要性、
   目標利益達成のための社内データ分析方法

☆2☆
日時 12月1日(木) 13:00~14:50
会場 高崎市産業創造館 高崎市下之城町936-14
費用 5000円
申込 FAX:027-360-4338 鴻上まで 
〆切 11月22日までにお申込みお願いします
講師 コンサルタント アクトアズ 中小企業診断士 鴻上まつよ
題名 経営戦略セミナー
   『EXCELで簡単に社内データを分析!』
    ~売上高の分解の仕方により戦略が見えてくる~
内容 決算書をながめていても経営戦略は立てられません。
   「売上高」を分解して分析すると見えてくるものがあります。
   日常的に発生させているデータからでも得ることができます。
   データをどのように区分すると何が観えて来るか、
   いくつかの事例をお話します。
   少人数制で、双方向で講義を進めます。
   データ表の一部をお持ちになり、ドシドシ質問して下さい。  


Posted by アクトアズ at 11:56Comments(0)マネジメント

2011年11月01日

中心市街地再生事業について

10月31日の上毛新聞に、
「県の公開事業仕分け」の記事が載りまして

中心市街地再生事業について

『委員は中心市街地の重要性と根本的対策の難しさに理解を示した上で、
 ①「空き店舗を埋め、イベントをするだけでは、県の考えが伝わらない」
 ②「巨額の工費をつぎ込むのは考え直す時期」など
 抜本的に見直すよう求めた。』
と掲載されました。

委員として①を述べたのが私でして…
しかしながら、本当に言いたかった所が掲載されていないので、こちらで少し補足させていただきます。

中心市街地への都市計画課の対策が、
・住民意識喚起、住民活動の支援
・まちの情報発信(冊子「おっマッチー」の発行)
・まちづくりリーダー塾(市町村職員と住民にワークショップの基礎知識を学んでもらう)
・まちづくり功労者の表彰
これだけですよ!!!
そして事業見直しの席で、都市計画課と商政課が
「都市計画は市町村が主体で考えること」と断言したものですから、

「中心市街地について県がどう考えているのか、県民は知りたがっている、伝わってこない」
(そりゃ伝わってきません、市町村に任せているのなら…)
「まちづくりリーダーは、
 市民・県民も重要ですが、難しい問題ですから、
 まず県の都市計画課と市の都市計画課が、
 不動産デベロッパーなど街づくりのプロから学んだりして、
 とことん勉強しなければ、街のビジョンは作れない。」
「商政課は、商業活性の対策をする訳ですが、
 中心市街地へのビジョン(現在は国が決めた「コンパクトシティー構想」)があって、
 その目的を果たす方策を行うなら(例えば「1階店舗・2階以上マンションを募集!」など)
 わかるが、現在の『空き店舗家賃補助(業種要望なし)+調査+計画作成+イベント』では、
 コンパクトシティー構想にすら合っていない。」
ということが言いたかったのですが…
あの場にいらした皆さん(都市計画課・商政課・傍聴の県民の方々)には伝わっていたでしょうか?

*コンパクトシティー構想とは
 職住近接型まちづくり
 生活に必要な諸機能が近接した、効率的で持続可能な都市づくり

委員である 株式会社大西ライト工業所の大西相談役がおっしゃっていたように
県の事業は、目的を持って、何年で効果を出すと決めて、
効果が出なければ辞める というような 時限事業にしてはどうか。
という意見にとても同感しました。

今回、事業見直し委員をやらせていただき、
県民として、事業者の立場として、色々と頭と心を使いまくりました。
県の職員を含め他の委員のご意見、大変勉強になりました。

来年度以降も「事業見直し」を続けると思います。
私が委員をするかは別としても
県の事業を利用される方のご意見をお聞きしたいです
お待ちしております。  


Posted by アクトアズ at 09:52Comments(0)今日の仕事

2011年10月30日

県の事業仕分け(見直し)最終日

今日はこれから、
群馬県の「事業仕分け」、
正式名は「事務・事業見直し」委員会の
判定員の務めるため県庁(県議会議事堂)に行って参ります。

昨日に続く、一般公開の判定会です。
県の事業の見直しについてご興味がある方は、
是非、いらして下さい。

10月30日(日) 9:30~15:30 群馬県県議会議事堂2階

県の職員さん達が、日頃、
どのような事を考えながら事業を遂行されているか判ります。

今日の議題の中に、
中心市街地活性化についての話も出てきます。
県民、市民の目線と、
商業の活性化の両方の目線で、
判定したいと思っています。

結果はまた後日。  


Posted by アクトアズ at 08:46Comments(0)今日の仕事

2011年10月01日

「万理一空」の境地を求めて

琴奨菊関が先日の大関昇進伝達式の口上で言った四字熟語が、
宮本武蔵の『兵法三十五箇条』からの引用と知って、
「万理一空」特に「万理」が気になって仕方がありません。

「万事」ではなく「万理」なのです!

理屈・理化学的・理論・道理・原理
漢和辞典で 理=筋道・ことわり

万の理をやり尽くして初めて、「空(くう)」の境地に達する。

空(くう)とは、「五輪書」で、
「武士は兵法の道を確かに習得し、その他の武芸も身につけ、武士の行う道を明らかにしてよく心得、心迷う事なく、つねにおこたらず、心と意 二つの心をみがき、観と見 二つの目を研ぎ澄まし、少しの曇りがなく、
迷いの雲の晴れた状態こそ、真の空である」とあります。

ただ祈ったり、頑張っただけでは、「空」には達しないのです。
万の理論を考えに考えて、実践し続けなければなりません。

企画塾のマーケティング企画でも
「計算ずくで売上を上げる」という言葉が登場します。
事業経営も販促も、理論からの仮説→実践(実験)→検証を繰り返すことで、目標値に近づいていくのです。

私は最近自分のキャッチコピーを決めました。
『右脳社長の左脳になります』であります!


企業様・経営者様
ご一緒に「万理」を重ねましょう!  


Posted by アクトアズ at 15:05Comments(0)社長のお言葉

2011年10月01日

打っても当たらない!

昨日の高崎市女性剣道会「蒲公英」での稽古は、
剣道形の練習の後、
人数が多いので、いきなり廻り稽古の地稽古(競技練習)でした。

六段の先生に、一歩近づかれるだけで、
もの凄い迫力を感じます。
空気が動いてくる感じです。
どうせ、先に打っても当らないから、
先生が打ってきたら胴で返そうと、
胴ばかりやっていたら、
「面を打ってきてください」と言われました。
(胴の方が手が疲れないのだけど・・・)

他の先輩にも
打つ前に竹刀を押さえられ(え?私竹刀が動せない!)、
面を打っては竹刀でかわされ、首でかわされ、先に面・小手を打たれ。
「じゃ今度は、竹刀を右上に払ってから小手だー!」と掛かって行っても、小手を打ったつもりが、そこにもう先生の小手は無く・・・

今朝、倫理法人会の会議で、
剣道五段の株式会社LUCの内田光彦社長にお会いした時、
「打とう何て10年早い!」と言われました。
「当らなくてもいいから、基本の形で打ち続けること!」と
素振りの形を見ていただき、アドバイスを下さいました。

・素振りは木刀で行うこと。
・木刀(竹刀)は、両手とも小指と薬指に力を入れて持つこと。
・45℃の角度に振り上げ、釣竿のように(1回で)振り下ろすこと。
・最終的には「一拍子の打ち」ができるように、
 まずはゆっくり「二拍子の打ち」で素振りすること。

こうして、相対して教えていただけること、
心から幸せに思います。
内田社長、ありがとうございます!

いつか私の剣先が相手の面を打つ事を目指して、
鍛錬いたします。
  


Posted by アクトアズ at 13:58Comments(0)剣道

2011年09月09日

群馬県 建設業経営相談(無料) のご案内

(社)中小企業診断協会 群馬県支部の中小企業診断士が
無料で経営相談にお応えします。

群馬県内に本社を持つ建設業様が対象です。

最高4回(約3時間) 企業訪問し、
利益管理、事業戦略、経営強化、
販売促進・IT、新分野進出 などの相談にお応えします。

専門ノウハウを有する最適な診断士を派遣します。
特定の診断士を指名していただいても結構です。

群馬県のHPでのご案内(申込書pdf)
http://www.pref.gunma.jp/06/h8000041.html
http://www.pref.gunma.jp/contents/000137345.doc

まだ相談件数枠に余裕がありますので、
建設業様、どしどし、お申込みください!

【お申込み】は、こちら↓
(社)中小企業診断協会 群馬県支部
電話:027-231-2249
FAX:027-289-2040

8月私は、この経営相談を介して、
水道工事業のリフォーム事業部の活性化のため、
チラシ作成のご支援を3回訪問で行いました。

「マーケティング企画フォーム」を使い、
3C(自社の強み、顧客ニーズ、競合の状況)をまとめ、
ターゲットを絞込み、
そのターゲットが喜ぶ(幸せになる)コンセプトを考えました。

コンセプトは『愛する高崎で 健康で幸せに(長生きしましょう)』です。

チラシへ掲載する内容を、しっかり決めた後は、
ご紹介したデザイナーさんに、魅力的に構成していただき、
すばらしいのが出来ました!
10月より、その効果の確認です。
効果の程は、またご報告いたします。  


Posted by アクトアズ at 10:01Comments(0)今日の仕事

2011年09月03日

剣道始めました

中学3年生の時、試合に勝つこともなく、
初段を取って辞めてしまった剣道を、
この年にして再開しました。
息子の剣道の稽古や試合や素振りに付き合っていうち、
やりたくなってきたのですが・・・。

三十数年ぶりに面を付けた時、フラッシュバックしました。
「そうだ、練習がつらくて・つらくて辞めたんだった~!
 やっぱり、再開するのは、やめようか・・・」
「もう遅い!小手も道着も買ってしまった(かなり投資した)のだ!」

市の武道館で、女性だけの練習日が週1回あって、
そこのチーム「蒲公英(たんぽぽ)」にお世話になることにした。

初日、剣道形の1~5本目の打太刀(うちだち)の形を教えていただく。
ゆっくりした動作なのに、汗が落ちた。

2日目、Youtubeで 剣道形を復習してから望んだが、
今度は仕太刀(しだち)を教わり
「もうダメ、覚えられない!情けない・・・
 またYoutubeで復習しないと・・・」

さらに情けないのは、稽古だ・・・
初日は、稽古の終わりの蹲踞(そんきょ)から立ち上がれなかった。
2日目以降も、1分間打ち続けると、もう足が疲れて1歩が出なくなる。
「姿勢は良い。手の動きも早い。」と褒めていただいたが、
足が~体が~「出たくないー」と言っている。
自分との戦いである。
そんな自分を振り払うためには「やあーーー!」と大声を出し、
気合を入れる。
本当は、相手を威嚇するために、言うのかもしれないが、
今の私は完全に自分に言い聞かせるために叫んでいる。

弱い自分に勝つ。
まっ、そのために始めたのである。
足腰・腹筋・背筋を鍛えて、体重も減らして、
3分以上戦い続けられる体にならなければ。なりたい・・・。

宮本武蔵先生のおっしゃる「観る」ことができ、
そして「平常心」で戦える人になりたい。
これは剣道に限らず、仕事でも、日常でも。

「五輪書」より
*観る・・・心の目で見る
*平常心・・・広い視野から真実を見極め、緊張しすぎず、少しもだらけず、心が偏らぬよう真中に置き、心を静かにゆるがせて、そのゆるぎが一瞬も止まらぬよう、常に流動自在な心の状態を保つこと。

それにしても、60代らしき ある女先生は、
ゆっくりとした動作ながらも、
永遠と稽古をし続けることができる。
30分間、休み無く。
驚きである!
力を入れ過ぎない、無駄のない動き、美しい!

剣道は、
相手の隙を見つけ打つか、
相手を誘って、相手が打って出ようとする所を先に打つ、
などである。

今は全く 相手の隙が見つからない・・・
相手を誘う余裕がない・・・

息子達(道場の子供達)を尊敬する!

私だって、今に開眼する!
いつになるか、お楽しみ。  


Posted by アクトアズ at 01:06Comments(0)剣道